[進路選択] 高校1年、2年でしておくとその先が変わる秘密のノート

10代

はい!やってきました!

本日は進路記事第2弾ですね!

第1弾も、進路選択に関わる重要な記事となっているので是非見ていって下さいね~↓

それではやっていきましょ!
高校1,2年生にやって欲しい秘密ノートとはその名も「進路ノート」!!
(中二病っぽくてすいません、ここから先は大丈夫なので見てやって下さい)
進路ノートを作って、自分の特徴を知ろう (本題)
進路ノートとは名前通り、進路について書くノートですね
学校で配布される進路ノートもあるんですが、それとは別に自分だけのオリジナル進路ノートを作ることを当ブログではオススメします!
何でオリジナルの進路ノートを作るの?
理由としては全部で3つ!
  1. 素直に自分の気持ちを書ける
  2. 視野が広がる
  3. 価値観マップに活かせる
1.素直に自分の気持ちを書ける
学校から配布される進路ノートって、良い意味でも悪い意味でも現実味がありますよね
例えば本当は作家を目指しているけど、この進路ノートを進めるうちに「現実的にはやっぱきついよな~。」とか思って、「収入が安定している公務員って書いとこ」とかやっちゃう人多いと思うんですよね
それって自分の思い描く未来じゃないですよね
オリジナルノートであれば、誰に見られる訳でもないし、自分しか見ないからからこそ、そこを素直に「作家になる」って書きやすいんです
まずは、自分の気持ちに素直になって将来を考えることが1番です
それで失敗しても、やる恥はやらない恥より何倍も評価出来る失敗になります
2.視野が広がる
素直な気持ちを書いたオリジナル進路ノートは視野を広げます
例えば、今考えていることとは違う過去に書いたものを見て、過去と今に繋がる共通点を見つけたり、過去に書いてある自分の言葉が新たなアイディアを生み出したり
自分の考えをどんどん追加して書き込めるところもオリジナル進路ノートの良いとこです!
3.価値観マップに活かせる

このノートにはいわば自分が詰まっています

自分の将来に関する考えや、自分自身の特徴とかはこのノートを見て、探していけば自分の人物像が掴みやすくなります

だから、この進路ノートが出来れば、格段と価値観マップの作成がサクサク進むということですね!

価値観マップについての記事はこちら

 

まとめると、このオリジナル進路ノートを作って自分を知ることは未来(進路)にも繋がるってことです!

 

それでは、早速やり方を説明していくよ!
必要な道具は、ノートとペン。  だけです!
ルール
  • 自分と将来に関連していれば何を書いても良し
  • 定期的にまとめる

ここでポイント!

付け足しが出来るスペースを作る

このスペースは絶対作りましょう!

1ページの縦半分は空白にしておくとか、行の間隔を広く持つとか

書いた文字に考えをどんどん付け足すことを前提で書いていきましょう

こんな感じになります↓

私は将来tinyhouse(インスタで話題のやつ)に住みたいってところからどんどん付け加えて、将来像ができあがってきます

この付け足しにある「あなたは何のお仕事?」と付け足しがある部分は後のmiraiブログ立ち上げのもきっかけともなりました

ごちゃごちゃでも、自分が分かれば良いので、どんどん付け足しを加えて考えを広げていきましょう

そして、ルール2つ目の「定期的にまとめる

定期的っていっても、自分のタイミングで大丈夫です

だいぶたまったから一旦まとめよとか、暇だからやろー的な感覚でいいです

まとめることは考えを整理するってことです

全部を一からまとめるんじゃなくて、要点だけを絞ってまとめましょう

残しておきたい情報やその時の自分の考え方とか 自分にとって大切だと思うところをいくつか取ってまとめ直すと、より濃い内容のものができあがっていきます

 

まとめ

オリジナル進路ノートを作って、自分を知ろう!未来を広げよう!

進路決定は必ずみんなが通る道です

逃げずに自分と向き合って、自分の人生を自分で切り開いていきましょう!

いと

平成生まれ。
セミリタイアを目指すナレーターのたまご。
東京に上京したものの、養成所の入所タイミングを逃し、ネットビジネスの存在を知る。

「30までにセミリタイア」を目指して奮闘中。

いとをフォローする
10代
いとをフォローする
20代女子のセミリタイアBLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました